印鑑とは

実印などの印鑑を作る時は誰でも少し緊張するものですが、場合によっては一生付き合う印鑑もあります。しかし、一言でいってもその種類は非常に多く、材質から文字体まで、検討すべき要素が多岐に渡ります。まず材質だけ取ってみても、木、象牙、水晶、チタン、更にはそれぞれの材質の中で非常に多くの材質に分類しており、素材選定については見た目や、見てみるだけでは分からない触感や重さ等、非常に選別種類が多くあります。

同じ材質でもサイズが異なると見た目も変わりますし、形状によって質感も変わりますので、専門家の意見を参考にしながら決めていくのが最も間違いのない選定になるでしょう。また字体については、見た目や文字体等の吉凶等も重要視する方もいますので、それらも含めた観点で選んでいく必要があります。不思議なもので、一生ものと言われるだけで選択に躊躇してしまったりするのですが、やはりその辺りは専門家に意見をもらいながら選定をしていくのが良いでしょう。また予算的な要素もあり、気に入った印鑑を作ってもケースが無いという事であれば、印鑑が傷んでしまいますので、ケースまで含めた予算を考えながら印鑑の作成を考えるのがベストです。